カップ・オブ・エクセレンス2020を受賞した、ニカラグア エル・パルマル農園

2020年のカップ オブ エクセレンスを受賞したニカラグアのエル・パルマル農園を焙煎しました。

いかにも知ってるかのように書いてますが、よくわかってません。

カップ オブ エクセレンスとは

その年に収穫されたコーヒーの中から最高品質(トップ・オブ・トップ)のものに与えられる名誉ある称号で、中南米を中心に各国でコンテストが行われています。国内予選を勝ち抜き、国際審査員の厳格なカップテストにより評価された、全生産量の数%にも満たないほんのわずかなコーヒーだけが、カップ・オブ・エクセレンスの称号を授与されます。

との事です。

選び抜かれたコーヒーという事ですね。

よく分かっていませんでしたが、生豆のオンラインショップで、あと少し買えば送料無料になるという事で買いましたが、何気に1番楽しみにしていました。

いよいよ今日焙煎です!

左下のやつです。Cup Of Excellence Winnerのシールが貼ってありますね!

200gで1380円でした。選び抜かれたコーヒー豆と言う事で、お値段高めですが、期待が膨らみます。

こんな感じです。

生豆の香りは、よくある生豆の香りよりもギュッと凝縮したような濃い香りに感じました。生豆の状態では、良い香りとは言えないですね。前回焙煎した、グアテマラのフルーツフィールドは生豆でフルーツのような良い香りがしましたけどね!

200gをハンドピックすると137gになりました。そこまで悪い豆はありませんでしたが、ピーベリーを避けて、大きいサイズの生豆も避けて、サイズをある程度揃えました。

ハイローストがオススメとの事でしたので、1ハゼが終わり、2ハゼが始まるまでで、13分ほどの焙煎でした。

今回はムラなく割と良い感じに焙煎できたんじゃないかと思ってます!

焙煎直後の香りはまだハッキリせず、なんとも言えないので、様子を伺いながら数日寝かせますzzz

高級な豆ですので、開化堂の高級なコーヒー缶に入れました。

光の加減で黒焦げに見えてしまってます。

今年の7月に開化堂のブリキのコーヒー缶を購入して育てているのですが、なかなか変化しないですね。少しくすんできた?ブリキは1番変化しにくいみたいなんで、じっくり育てていきます。

茶筒の開化堂

今日はまだ味の感想は出来ずですが、次回は感想の記事をUPしたいと思います。

ありがとうございました!

1 COMMENT

しーちゃん

最高級なコーヒーの味ってどんな感じだろう?
コーヒーは最近やっとおいしさがわかってきたけれど…まだまだ味のちがいがよくわからないので興味深く読んでいます^ ^
また最高級なコーヒーの味がどんな感じなのか?教えてください^ ^
開花堂の入れ物も…ベランダさん色にそまるといいですね!
コロナで大変ですがおうちで過ごすコーヒーの時間が一番いやしの時間です!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です